OUR PROGRAMS

 

お子さんの不正咬合の芽はお母さんのお腹の中からといわれています。お母さんが猫背で生活していると赤ちゃんは狭い空間で育つことになり、また出産も難しくなります。理想的には結婚相手の遺伝子の相性からさかのぼる必要があるかもしれませんが、実際には大丈夫です。反対咬合(受け口)や重度の交叉咬合のケースを除けば、前歯が生え変わる頃、つまり小学生になった頃からの開始で充分間に合います。

もしも、反対咬合や交叉咬合が乳歯列時(幼稚園の頃)に発見できれば受け口の子どもでも比較的簡単な装置と本格的なアクティビティーで骨格性反対咬合にしないように成長誘導に成功する可能性が高くなります。(ケースによってはより積極的な装置での上顎の前方牽引が適切なケースもあります)




私たちの歯科医院では、トレーニングを受けた専任のスタッフがお子さんの身体の歪みを発見し、口腔機能の成長度合いに応じた筋機能向上トレーニングをご指導しています。お子さんに、もしも不正咬合の芽があるならば悩んでいるだけでは解決できませんから、必要なトレーニングと医療介入によって正常な顎顔面形成を目指し、その結果、非抜歯での正常咬合を獲得できるようにT4K(myobrace)などのシンプルで安全な装置を上手く使うことの両輪により、よい顔・よい口元・よい歯並びの獲得を目指していただくお手伝いをおこなっています。

装置は小児期に最適な取り外し可能なシンプルな装置ですから、実際には装置の使用状況により歯列の矯正状態は異なってきます。

T4Kなどの上下一体型軟質素材の装置にはお子さんの正しい発育に必要な細かい設計が組み込まれており装置の種類は多彩です。私たち専門スタッフはお子さんの成長段階やお子さんの歯やお口の大きさに合わせて必要な装置を随時選択することでよい顔・よい口元・よい歯並びへと誘導していきます。誘導法には専門的な知識をべースに細かいノウハウがありますので、装置を渡して終わりという治療ではなく定期的な通院時チェックが必要です。1つの装置の効果は使用法や使用状況によって異なるので、目的の達成度合いを定期的にチェックしてお子さんのモチベーション維持を図る必要性があります。医療介入開始から成長終了までの期間(第2大臼歯の咬合獲得まで)は、最低年2回~3回の通院が必要になります。ただし、顎顔面・口腔機能不全が酷い場合は、筋機能訓練のチェックや指導をより複数回おこなったほうが好ましい結果につながるので、より頻回の通院を促す場合があります。また、装置の使用状況が悪い場合はT4Kのようなシンプルな可撤式装置では治せないで時期を逸することにつながりますからその場合は、歯科医の判断で別のより複雑で頻回の調整が必要なシステムへの移行をお勧めする場合もあります。

 

装置でよい顔・よい口元・よい歯並びを非抜歯(=顎顔面の成長を促すこと)で獲得させるためには、必ず次のことをお守りください。

①毎日必要なアクティビティーを1時間程度すること

②装置を日中しっかり咬むこと(Don't chew, Do bite)

③装置を就寝時にはめて寝ること

④出来るだけ仰向けに熟睡できる身体を作ること。無理な場合は必要な枕を整えること

⑤口を閉じて鼻呼吸できるように鼻やアデノイドの炎症を抑えるように指導する体質改善法を励行すること

 

これらはお子さんの生涯の健康につながり、矯正治療の後戻りを防止します。


 

Give us a call:

086-252-2512

「がんばれ!T4K!」は、歯科医院が提供するこどもに健康を獲得させるための教育的治療法です。
 

​​Mission

健康な身体には健康な歯が生え、健全な歯列が整います。
脆弱な身体やバランスを欠いた身体には健康な歯は残らず、歯列不正に陥ります。これは、1890年代~1930年代に活躍したアメリカの歯科医Dr. Weston A. Priceが提唱すると共に、現在の矯正歯科の始祖の一人であるAngleやRicketts,Linder-Aronson,Mossなど著名な矯正歯科医が清書に必ず記載した内容です。

不正咬合の原因として口呼吸がもっとも影響を及ぼしており、多くが成長期に生じます。脆弱な身体や不良姿勢、アレルギー体質は口の正常な機能と形態獲得を阻害し、顎顔面形成の最も大切な時期に医療介入なく不正を放置しておくと成長後に代償を支払うことにつながっていくでしょう。


小児矯正は成長予測が難しく治療は非常に長期にわたるためT4Kのようなシンプルで安全で安価な装置が上手く使われるようになるまで一部の歯科医や社会から否定的に扱われてきていました。しかし、今後は安価で効果的な装置を有効に活用することがより一般的になり、成人後の非抜歯矯正での無理のない治療を可能とし、リスクを伴う外科ケースを減らすことにより貢献できることにつながっていくでしょう。

私たち、歯科医院は、不正咬合を早期に発見し、子どもの健康増進に貢献する内容を指導し、健康な身体つくりの一助として正常な顎顔面形成と正常な咬合の確立を目指して出来るだけ無理のない方法で成長期に治療介入しています。



成長期の治療 Program

​反対咬合やクロスバイトのケースは3歳から

それ以外の不正咬合は6歳・7歳からT4K治療に入ります。
それ以降の開始であればケースによっては治療難易度が高くなります。

 

初診 ⇒ 必要な検査・資料採取 ⇒ 必要な筋機能訓練指導 ⇒ 適切な装置での育成矯正治療開始(日中1時間と就寝時に毎日使用 ⇒ 定期的な指導と資料採取・装置の交換(通常年2~3回程度) ⇒⇒⇒⇒⇒ 第2大臼歯咬合までの継続治療

総額12万円(税別)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

​全総額25万円(税別)
​ 全総額25万円(税別)でOK
​☆
​インビザラインKIDの場合、全総額35万円(税別)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Call Us: 086-252-2512(予約専用) 

uketuke-dent@axel.ocn.ne.jp  

岡山県岡山市北区三門中町1-7

© 2023 by ABC After School Programs. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now